2018年 福祉住環境コーディネーター(1級・2級・3級)(11月25日)解答速報

趣味

福祉住環境コーディネーターとは、相談者である高齢者や障害者の状態に合わせて、バリアフリーの住みやすい住環境のコーディネート(新築、建て替え、リフォーム)、福祉用具、福祉施策、福祉用具、介護用品、保険サービスなど提案する資格です。

求められている職場としては、人々の住居・生活にかかわる職場(設計事務所、建築会社、住宅設備メーカー、高齢者向け施設、福祉機器メーカーなど多岐にわたります。

高齢者や障害者でも住みやすい住宅環境作りのため、様々な分野で福祉住環境コーディネーターの需要が高まっています。

高齢化社会の進行に伴うい、在宅介護の増加やバリアフリー住宅・建築の需要の高まりなどにより、今後も求人が増すものと思われています。

解答速報を調べましたが、ユーキャン以外は見つかりませんでした。

東京商工会議所も模範解答を発表していますが、掲載が遅いとみられます。

受験資格

1級:2級の合格者
2級・3級:特に制限なし。

受験料

1級:10,800円
2級:6,480円
3級:4,320円

試験日・合格発表

申込み:開始2018年9月11日(火曜日)〜終了10月12日(金曜日)

試験日:2018年11月25日(日曜日)

合格発表
1級:2019年3月15日(金曜日)
2級・3級:2019年1月4日(金曜日)

合格基準

1級
マークシートおよび記述式問題で各100点中・70点以上。

2級・3級
100点満点中、70点以上で合格となります。

難易度

1級は、合格率が10%以下のことが多く、やや難しいものとなっています。

2級は、テストのたびに、合格率が大きく変動をしており、10~70%の間です。

これは、テストの難易度が毎回大きく違うことが原因です。

宅建士やマンション管理士などのような相対評価(上位〇〇%)ではなく、試験結果の100点中・70点以上が合格の絶対評価によるものです。

3級は、おおむね50%の合格率で推移しています。

2人に1人合格する計算となり、やや簡単なレベルと考えられます。

書展で試験のテキストを読んだり、過去問をこなすことで、自宅学習でも、取得可能なレベルと思われます。

解答速報

東京商工会議所(検定試験情報) 掲載時期は不明
模範解答


生涯教育のユーキャン

福祉住環境コーディネーター

2級 解答速報

3級 解答速報

コメント