名言

趣味

食に珍物を好まんよりも、食好む時膳に向かえば、食のすすむ事を知らず

江戸時代・至道無難(1603~1676) 人は美味しいものを求めて高級な珍味を好んで食べている。しかし、どのような高級で美味しいものであっても、空腹のときの食事に勝るものはない。 しかし、この事を多くの人は知らないものである。
趣味

餓え来たらば飯を喫し、睡来たらば眼を合す

中国・唐代(臨済義玄) 空腹になれば飯を食べ、眠くなれば目を閉じる(眠る) 一番良い生き方は、無心のまま無事で過ごし、一切の計らい事を止めることだ。
趣味

2018初日の出 関東地方のオススメスポットと時間

【1位】 東京スカイツリー TOKYO SKYTREE ・住所:東京都墨田区押上1丁目1−2 ・高さ:634m ・日の出:展望台から6:46頃 (インターネットの抽選に当たった人のみ) 1月1日(月) 5:30入場開始~...
趣味

画餅は尚未だ食うに絶えず、食を説いて人に与うるも、焉んぞ能く飽かしめんや

中国・唐代(浄覚) 絵に描いた餅はいまだに食うことはできない。 人々に食べ物の話をして、どうして空腹が満たせようか。
趣味

美味とは食物そのものにあるのではなく、味わう舌にあるものである

イギリス・ジョン・ロック(1632~1704) 私たちの味覚は、これまで食べてきたものによって慣らされた味付けの料理を美味と感じて、好むようになる。
趣味

腹のことを考えない人は、頭のことも考えない

イギリス・ジョンソン博士(1709~1784) 自分の食事(食べ物)に気を使わない人間には、それ以外のことにも気を使わない(配慮できない)
趣味

飢えたる者は、食を甘しとし、渇きたる者は、飲を甘しとす

古代中国・戦国時代(孟子紀元前372~289) 空腹の人は、何を食べても美味しいと感じ、喉の乾いた人は何を飲んだとしても美味しいと感じる。 多くの人は飢えと渇きにより正しい味覚は失われる。 そのような状況にあっても平常心を保つことが出...
趣味

食欲に勝る薬味はない

ギリシャ・クセノフォン(紀元前430~354) 「食べ物のもっとも良い調味料は食欲である(ソクラテス)」や「食欲は最高の料理人」「食欲以外にソースはない」や日本の「空き腹に不味いものなし」に似た言葉。 お腹が減っていれば全てが美味しく、...
趣味

食べ物のもっとも良い調味料は食欲である

ギリシャ・ソクラテス(紀元前470~399) ソクラテスは質素な生活を送り、食事は食べ過ぎないようにし、酒も喉が渇かなければ飲まなかった。 ご馳走に呼ばれても、彼は決して食べ過ぎることはなかった。 人は食欲に応じて、その限度で食べるべ...
趣味

惣じて人は、朝夕呑み喰うものが大事なるぞ

日本・江戸時代(徳川家康1542~1616) 小さな違いはあるにせよ、全体としては、人が生きていく上で大事なものは、朝夕の食事である。 子どもに乳を与えるにしても、むやみやたらに与えて良いものではない。食事には十分注意しなければならない...